Home > バイク > VFR800F、試乗(2015/05)

VFR800F、試乗(2015/05)

  • Posted by: おりおん
  • バイク

先日参加したBIKE!BIKE!BIKE! 2015と同じタイミングで、大阪・泉大津フェニックスにてホンダドリームフェスタが開催されていて、いろいろなバイクに試乗できる様子だった。前から気になっていたVFR800Fも試乗できるようだったので、鈴鹿に行く前に泉大津フェニックスへ寄り道する計画を立てていた。しかし、ホンダドリームフェスタは事前申し込み制で、かつ、事前申し込みに失敗(Webでの申し込み手続き中に締め切り到来…)してしまい、一旦、試乗は諦めた。BIKE!BIKE!BIKE!2015の参加後に改めて調査してみたところ、ホンダドリーム尼崎にてVFR800Fの試乗ができる事が分かり、ホンダドリーム尼崎まで出撃することにした。

事前にホンダドリーム尼崎にVFR800Fの試乗が可能かどうかを問い合わせてみたところ、試乗OKとのことで、ホンダドリーム尼崎に出撃。自宅からホンダドリーム尼崎までは30分ちょっとで到着。試乗車のカラーはダークネスブラックメタリック。単なる黒かと思っていたらメタリックな黒だった。カウンターで書類の記入を行い、試乗コースの説明を受けた後に、試乗車を用意してもらい、試乗を開始。

試乗コースはホンダドリーム近くの道路を一周するコースで、2周してもいいとの話があったため2周走行した。1周目は曲がるべき交差点を一つ見落としてしまい、細い道をたどって何とか試乗コースへ復帰。2周目は特に困ることもなく、あっさりと試乗終了。試乗コースの一部が工事のため片側交互通行になっていたりして試乗のコンディションとしては決して良いものではなかったが、ある意味、コンディションが良いところだけで試乗するよりは普段使いに近い感じで、試乗する意味があったように思えた。

VFR800Fを試乗してみた後の印象としては、次のような感じ。

  • 意外にハンドルの幅が広く、かつ、前傾がきつめ。VFR800「F」というネーミングから、ツアラー寄りの、どちらかと言えばゆったりしたポジションを想像していたのだが、ツアラーと言うよりスポーツバイクに近い感じだった。ただ、僕的にはゆったりしたポジションよりある程度の前傾姿勢になる方が好みである。
  • 足つき性は悪くない。シート高を低い方に設定されていた様子。幅も比較的スリムに感じたが、さすがにFireStormの方がスリムに思えた。
  • エンジンのトルク感については、排気量の違いとシリンダ数の違いから来る性格の差があるようで、FireStormの比較的低い回転数からモリモリ来るトルク感に慣れていると物足りない印象。ただ、そこそこ回転数を上げていくとパワフルに感じたので、これはこれで悪くない感じか。
  • さすが4気筒だけあって振動は少なめ。比較対象が振動がそれなりにあるV2なFireStormということもあり、かなり差を感じる。
  • 股下はそれなりに熱くなる。上記したように試乗のコンディションが悪く停止時間が長かったこともあり、そこそこ熱く感じた。
  • ハンドル左側のターンシグナルスイッチとホーンスイッチのレイアウトがFireSotmと逆。VFR800Fでは上側にホーンスイッチが配置され、下側にターンシグナルスイッチが配置されている。これは慣れれば何とかなりそう。

FireStormについては、そろそろ各種パーツの在庫もなくなってきているので、いずれは他のバイクに乗り換えることになりそう。ただ、現時点ではすぐに乗り換えたくなるような車種は残念ながら無し。現時点で、比較的、乗り換え候補に近いバイクの一つがVFR800Fである。ただ、今回の試乗の感想と、予算的な面を含めて、乗り換えはまだ無理かな、という感じ。

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > バイク > VFR800F、試乗(2015/05)

Search

Feeds

Return to page top