Home > スポーツ Archive

スポーツ Archive

北京オリンピック、開幕

  • Posted by: おりおん
  • スポーツ

いつの間にか(!)8月になり、北京オリンピックが遂に開幕。各番組の放送時間が不規則にされてしまうため、どちらかというと僕にとってはオリンピックは敵なのだが、開会式の演出には興味があったので、少し早めに仕事を切り上げ、自宅で開会式の放送を見ることにした。

阪神、負けちゃいました。

  • Posted by: おりおん
  • スポーツ

何とも見事に、ロッテに手も足も出ずに負けてしまった阪神・・・。ここまで見事にやられるとは思わなかったぞ。

第1戦・第2戦の豪快な負けっぷりで、やや嫌な予感がしたものの、前回優勝した2003年度も内弁慶シリーズだったので、
甲子園に戻ってくればまた阪神らしい野球が戻ってくるのではと期待していたんだけれど、第3戦は三度豪快に負け、
第4戦でも僅かな抵抗に終わり、結局、ストレート勝ちでロッテが日本一。まぁ、あれだけ完璧に主軸を押さえ込まれれば勝てる訳ないよなぁ。
ロッテ側の34得点に対し、阪神は僅か4点しか得点できなかったし。

ただ、パリーグ側のみがプレイオフ採用ということで、阪神側に不利だった面があることを認めざるを得ないとは思う。
レギュラーシーズン終了後、プレイオフ第1ステージと第2ステージを勝ち抜き、その勢いを保ったまま日本シリーズに突入したロッテと、
レギュラーシーズン終了から2週間以上実戦から遠ざかった状態で日本シリーズに突入した阪神では、さすがに各選手の状態に差があったはず。
去年優勝した中日も似たような状況だったみたいだし。でも、せめて一矢報いてくれることを期待していたのだが・・・。

阪神の各選手には、この悔しさをバネにして来年度以降もがんばってもらいたい。セリーグ連覇までは期待していないけれど、
次のリーグ制覇の際には是非日本一を勝ち取ってもらいたいものだ。

ちなみに、うまくいけば第5戦のチケットが手に入るかもしれなかったので、せめて一勝はして欲しかったのだけれど、
4タテだったので第5戦が実施されることなく日本シリーズが終わってしまった。結局、
クジ運の悪さをまたも発揮してしまいチケットは入手できなかったのだけれど、チケットが当たった人はさぞ悔しかったんだろうなぁ。

千葉ロッテマリーンズ、パシフィックリーグ制覇

  • Posted by: おりおん
  • スポーツ

先週から行われていたパシフィックリーグのプレーオフ第二ステージにて、
リーグ2位だった千葉ロッテマリーンズが3勝2敗にて31年ぶりのリーグ制覇を成し遂げた。普段はあまりパリーグの試合を見ない僕であるが、
プレーオフの第二ステージに関しては接戦続きで、いいゲームをしていたように思う。とりあえず、
勝利を勝ち取ったロッテには素直におめでとうと言いたい。

でも、ロッテが最終戦に勝利した瞬間には、どちらかというと「ロッテおめでとう」というよりは「ソフトバンクかわいそう」
な感じが強かった。2年連続で、リーグ戦で首位に立ちながらプレーオフにて勝ち残れなかったわけだから。個人的には、
パシフィックリーグのプレーオフのシステムはもっと改善すべきだと思う。今年は3位の西武の勝率は5割に満たなかったが、
場合によってはプレーオフに勝ち残ってリーグ制覇となる可能性もあったのだ。プレーオフはゲーム差が少ない場合にのみ行うか、または、
常にプレーオフを行うなら、上位のチームにもう少し有利なシステムへ変えるべきだと思う。
リーグ戦首位のソフトバンクと2位のロッテとの間のゲーム差は4.5もあったのに、
プレーオフにてアドバンテージが与えられる5ゲーム差には僅かに届かなかった。
ゲーム差次第ではもっと首位チームにアドバンテージを与えるべきだと考える。
僅差で上位チームの順位が決まった場合にはプレーオフのシステムは有効だと思うけれど、上位チームの間に大差が開いている場合には、
リーグ戦の面白みをスポイルする、はっきり言って無駄なシステムだと思うし。
再来年にはセリーグでもプレーオフを導入するとの動きがあるようだけれど、導入するなら、現状のシステムではなく、
もっと吟味したシステムを導入してもらいたいところである。

ということで、日本シリーズは阪神とロッテの対戦となる。両チームとも、比較的優勝間隔が空き気味だったチームだけに、
日本シリーズはそこそこ盛り上がるのではなかろうか。ちょっと楽しみではある。

阪神、リーグ優勝!

  • Posted by: おりおん
  • スポーツ

やや足踏みした感もあるけれど、阪神リーグ優勝。チームの皆さん、関係者の方々、真っ当な阪神ファンの方々、おめでとうございます。
今回は、前回優勝の時と違って自力での優勝。足踏みも、甲子園で自力優勝を決めるための布石だったのか。ともあれ、
無事に優勝できてよかった。岡田監督も言っていたけれど、次は、前回優勝時の忘れ物である日本一を是非とも成し遂げてもらいたい。

いつも通勤に阪神電車を利用しているのだが、優勝当日の29日は、試合の経過から勝利はほぼ間違いないと予想できたので、
混乱を避けるため早めに帰宅。自宅に着いたときはまだ試合中で、そのまま試合終了と胴上げまで自宅で見ることができた。
夜中の民放各局が阪神の祝勝会一色だったのは、さすが関西というところか。

今回は、警備が厳しかったこともあり、前回優勝時ほどは大きな混乱はなかったようだが、やっぱりアホな連中はいたようで残念である。
真っ当な阪神ファンはそんなアホな事しないぞ。お祭り騒ぎすることはいいけれど、人様に迷惑をかけるようじゃ、ねぇ。

ちなみに、29日当日の試合観戦ができていたかもしれないので、ちょっと悔しかったりもする。仕事の関係で、
29日当日の試合観戦チケットが入手できる可能性があったのだ。残念ながら、応募はしたものの抽選で外れた。
どうやら僕はくじ運が悪いらしい。

今年の阪神

  • Posted by: おりおん
  • スポーツ

先月あたりには、ゲーム差が開いたり小さくなったりで、
二位の中日と首位がいつ入れ替わってもおかしくない気配だった今年の阪神であるが、
中日とのゲーム差がかなり開いてマジックナンバーが点灯してからは安心して試合の行方を見ていられるようになった。さすがに、
ここまで来れば優勝は確実であろう。

前回優勝した2年前ほどドキドキ感がないのは、やはりインターバルが前回ほど空いてないからか。それに、
今年の阪神は飛び抜けて強いイメージがなくて、何か「普通に強い」というイメージがある。派手な連勝はしないけれど、派手な連敗もしない。
それでも確実に勝ち星を積み重ねられているから今の状態があるのだろうけれど。
二位の中日が派手に連勝して派手に負けているのと好対照な感じである。中日も、交流戦での絶不調がなければ首位のままであったかも。

まぁ、阪神ファンとしては、過程はどうあれ、優勝してくれれば素直に嬉しい。次は、前回成し遂げられなかった日本一を達成して欲しい。

Index of all entries

Home > スポーツ Archive

Search

Feeds

Return to page top