Home > AV > センタースピーカ追加

センタースピーカ追加

  • Posted by: おりおん
  • AV

うちのオーディオ周りのシステム構成は、AVアンプ(YAMAHA DSP-AX640)にフロントスピーカ(YAMAHA NS-M515)・リアスピーカ(YAMAHA NS-10MMT)・サブウーファ(YAMAHA YST-SW015)を接続する4.1ch構成であったのだが、いずれは、センタースピーカも追加したいと考えていた。今回、衝動的にYAMAHA製のセンタースピーカ NS-C10MMを購入してしまい、接続することにした。

前からセンタースピーカを追加したいと考えていたとはいえ、元々、このNS-C10MMを購入する予定はなかったのだが、たまたま時間があって鷹取のHARD OFFに寄ってみたところ、ジャンク品コーナーにNS-C10MMが置いてあったのを発見してしまった。うちのレイアウトの都合であまり大きなセンタースピーカは置けないので、コンパクトなNS-C10MMにはかなり惹かれてしまったわけである。

ジャンク品コーナーに置いてある品物なのでもちろんジャンク扱い、その上、ジャンク品にも大抵付いている買い取り時の動作チェック結果シートも付いていないという状態であったので少々迷ったものの、思い切って店員さんを捕まえて状態を聞いてみた。幸運なことに親切な店員さんに当たったようで、普通は行ってくれない動作確認を行ってもらえることになった。結果、音が出たとのことで、思い切って購入を決断。別途、スピーカーコードも確保し、帰宅後、早速接続作業を行った。DSP-AX640側のスピーカ設定も今までの4.1chから5.1chに変更し、無事に音が出ることを確認。

今回購入したNS-C10MMは、ジャンク品として置かれていた理由が分からないほど、状態は悪くなかった。左側ウーファに一部変色があり、左欄ネットに僅かに汚れがあったものの、それ以外は、本体に一部汚れがあった程度だし、音もちゃんと鳴る。ジャンク品としては高い値段 (5,250円)であったが、それだけの価値はありそうなので良しとする。なお、ジャンク扱いではないセンタースピーカの在庫もあり、今回購入したNS-C10MMより安いものもあったのだけれど、そちらはもっと大柄なセンタースピーカだったのであまり惹かれるものがなかった。

今回、5.1ch化した結果、それなりに効果は実感できた。5.1chなソースではちゃんとNS-C10MMからも音が聞こえるし、モノラルソースだとほとんどNS-C10MMから音が聞こえてくる。ステレオソースだと、物によってはNS-C10MMからも音が聞こえたり、全く聞こえてこないものもある。このあたりはオーディオソースのエンコードによる差だったりするのだろうか。

 

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > AV > センタースピーカ追加

Search

Feeds

Return to page top