Home > バイク > ノロジーホットワイヤPart2

ノロジーホットワイヤPart2

  • Posted by: おりおん
  • バイク

少し前にうちのFireStormをコイン洗車機で洗車した後、やたらとエンジンの回転が不調になり、ほとんど片肺状態になってしまったことがあった。最寄りのレッドバロンにまで行こうとしていく途中でエンジン不調は収まったのだが、気になったので見てもらったところ、どうやら、エンジン前バンク側のプラグ周りに洗車で水がかかって、そのためにリークが発生していたらしい。一旦症状が治まっているのでこのまま様子を見てみようとも考えたのだが、情報収集してみたところ、プラグコードにも寿命があるらしいことが分かった。このため、思い切ってプラグコード交換を行うことにした。

うちのFireStormは以前にノロジーホットワイヤを装着していて、装着当初はなかなか良い感じであったので、今回も引き続きノロジーホットワイヤを装着することにした。発注をかけたところ、運良くFireStorm用の最後の在庫を確保できたらしい。作業には時間がかかるとのことだったので、一旦、FireStormを預けて翌日に引き取ることにした。最終的に、出費は部品代と作業工賃を合わせて約23000円というところ。当初の予想額の範囲の上限に近い金額になっていたので、作業にやや苦戦したのかもしれない。ちなみに、前のホットワイヤの状態をメカニックさんに聞いてみたところ、かなりスカスカで劣化が進んでいたらしい。交換を決断して良かった。

交換後、しばらく走ってみて、アイドリングの安定性が上がって低回転時のパワー感が増したことに気がついた。以前ならアイドリング中にいきなりエンストすることがよくあったのだが、交換後はエンストの頻度が確実に減った。残念ながら皆無とまではいかないのだが、FireStormは大排気量のVツインエンジンで、元々4気筒などのエンジンよりアイドリングは不安定な方なので、マシになっただけ良しとする。低回転時のパワー感については、アクセルを開けていった際のパワーの乗りが前より良くなって、アクセルを前よりは開けなくて済んでいる感じがする。気のせいなのかもしれないが、今の感じだと燃費の方にも好影響がありそうだ。

全体的に言って、今回の交換は正解だったようだ。もうしばらく乗っていかないとまっとうな評価はできないけれど、今のところは、良い感じである。

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > バイク > ノロジーホットワイヤPart2

Search

Feeds

Return to page top