Home > AV > HDR設置

HDR設置

  • Posted by: orion
  • AV

関西でもJ:COMの録画可能なセットトップボックスHDRのサービスが開始されるとのことで、 申し込み受付開始日である4/15に申し込んだのだが、申し込みが殺到していたらしいことと、J:COM側の手違いがあったりしたため、 とんでもなく待たされ、ようやく、6/20に設置を行ってくれることになった。これ以上遅れるのは嫌だったので、上司に了解を取った上で、 当日は有休を取って待機。

今回は珍しく指定時間ちょうどに担当者がやってきた。作業自体は1時間弱というところである。 これまで設置していたセットトップボックスTZ-DCH500はテレビの上に置いていたけれど、今回設置されたHDR(JC-5000)は、 筐体サイズが大きくなったこともあり、テレビ台の中、RD-X6の上に設置してもらった。これで、テレビの上がかなりすっきりした。また、 JC-5000はケーブルモデム内蔵らしく、外付けケーブルモデムが不要になったのも良し。ただし、電波レベルが低いため、 これまでと同じくブースターは必要であった。

JC-5000 RD-X6 NV-DHE20

早速、JC-5000の各種設定を行い使用を開始。JC-5000はHUMAX製とのことで微妙に心配ではあったけれど、 TZ-DCH500と比較すると全般的にレスポンスが良くなっていて、良い意味で裏切られた。 操作系が変わってしまっているので慣れが必要だけれど、これは時間の問題なので何とかなりそうである。起動が早くなった点と、 番組表のレスポンスがかなり良くなった点、画面出力解像度を1125iに固定できるのでSD解像度な放送も1125i表示できる点が、 かなり気に入った。HDRとしての最大の売りである録画機能はまだ試していないけれど、それ以外の点でも良くなった点がいくつもあるので、 月額840円アップの価値は十分にありそうな感じである。

ちなみに、JC-5000のリモコンはやっぱり大きい。RD-X6のリモコンのサイズとサイズ的に大差なしだったりする。

JC-5000-RC 左がJC-5000のリモコン、右がRD-X6のリモコン。どちらも、でかい。

Comments:0

コメントする

Home > AV > HDR設置

Search

Feeds

Return to page top